« 北尾氏は偽善的な臭いがする! | Main | ぜん息のとき何に傾注するか? »

March 29, 2005

母親の抑圧が子のぜん息になる?

今、ぜん息の発作が起きている。

もう40才なのだが、幼い頃からのぜん息が治っていない。
ぜん息になったのは、もしかしたら、亡き母が自分を抑圧して生きてきた
影響を受けたせいかもしれない、ふと、そう思った。

本日のNHK「クローズアップ現代」で、
“子は親の鏡”をとりあげていて、
それを見ていた時だ・・・。

自分も、自分の心を見てみると、いまだに“抑圧”がある。
いうなれば、いまだに、自分が心から何を望んでいるのか、
はかりあぐねているくらいだ。

この“抑圧”を発散しようと、“ぜん息”が起きている、
そういう見方もできると考えている。

発作は、いまだ止まっていない・・・              冨嶽百太郎

|

« 北尾氏は偽善的な臭いがする! | Main | ぜん息のとき何に傾注するか? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 北尾氏は偽善的な臭いがする! | Main | ぜん息のとき何に傾注するか? »