« 自分にありがとう、ありがとう、ありがとう・・・ | Main | 発作よりも自分に「ありがとう」 »

April 09, 2005

世界3億人が喘息で苦しんでる

吸入薬を握るガスネル(エルサレムに住む17歳の少女)、
ニューヨークの救急治療室、
ドイツの洞窟治療法、
ロシアの病院で吸入を受ける人々・・・

これらは、ニューズウイーク日本版2005・4・13(今週号)のある記事に出てくる写真である。

タイトルは「科学がぜんそくに勝つ日」。世界で3億人もの患者がいる喘息に“遺伝子研究”という科学の光が当てられはじめた、という内容だ。

僕はなにより、エルサレムの少女、ガスネルの
4度の入院経験があるほどの重症の喘息患者でありながら、
「前向きに生きて行きたいと思った」と、発作時以外は(吸入)ステロイドを使わないと決めた
という部分に感動した。

自分自身が、30数年間使用していた薬をいっさいやめ、
仕事を離れ、ある意味で社会からドロップアウトせざるを得ない状況で、3年間以上喘息と向き合ってきた、苦闘してきたという経緯があるからだ。

|

« 自分にありがとう、ありがとう、ありがとう・・・ | Main | 発作よりも自分に「ありがとう」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 自分にありがとう、ありがとう、ありがとう・・・ | Main | 発作よりも自分に「ありがとう」 »