« ニートを病気ととらえるべき時 | Main | 彼は朝から鼻水グジュグジュだった »

April 13, 2005

青い熱?それとも、赤い熱?

2005413_032

熱が下がり、モモナは保育園へ。

2005413_009

「行ってきま~す!」
“からだ”の「赤い熱」が下がり、“きもち”も“かっこう”も「真っ赤」になって飛び出していった。


★★健康のキビダンゴ★★

赤ければ青信号、青ければ赤信号
 
 子どもの熱について、“自然流”の名小児科医であり、うちの子どもの主治医である真弓定夫先生はいいます。
「顔やからだがほてっていて、唇には赤味が増し、全体が真っ赤になっているような感じでしたら、それは安心できる熱」(赤い熱
「熱が出ているのに顔やからだが青ざめているよな場合は心配。医者に診てもらう必要がある」(青い熱
 (以上、『自然流育児教室』(真弓定夫著)を参照に。マイリストの“ほんのキビダンゴ”、クリックしてください!)

 熱をむやみに抑えてしまうと、抵抗力を養うせっかくの機会を逃し、子どもの自然治癒力を弱めます(大人も同じでしょう)。まずは「赤い熱」か「青い熱」か判断しよう。
 


|

« ニートを病気ととらえるべき時 | Main | 彼は朝から鼻水グジュグジュだった »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ニートを病気ととらえるべき時 | Main | 彼は朝から鼻水グジュグジュだった »