« 地に足がついた理由 | Main | 北山公園 花菖蒲 »

June 23, 2005

病を殺したのは誰だ!

ニーチェに

「神を殺したのは誰だ!」

という言葉があるそうだが、
これはこう言い換えることができるのではないか


「自然を殺したのは誰だ!」


さらに、病は自然現象であるという意味において


「病を殺したのは誰だ!」


ということになる。

現在、世界を支配している

西洋文明、近代科学文明というものは、

自然に打ち勝ち、自然を支配することを志向する。


東洋文明というものは人間は自然の一部であり、

自然との共生という考え方に基づく。


これからは東洋の、自然との共生、そして病との共生、

自然と仲良くする、病と仲良くする・・・

という考え方を世界中に広めなければ、

地球(自然)も人間も、どちらもつぶしあって、

消えてなくなってしまうかもしれない。

                                                                                                                                                                                                                                                                             

神を、自然を、病を生かすのは誰だ!                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                   

|

« 地に足がついた理由 | Main | 北山公園 花菖蒲 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 地に足がついた理由 | Main | 北山公園 花菖蒲 »