« 喘息という修行を選んだ… | Main | ブログを書くという“救い” »

October 26, 2005

痛みや苦しみは心を豊かにする

「確かに、地上的観点から、つまり物質的観点からのみ人生を眺めれば、病弱な身体をもって生まれた人は健全な身体を持って生まれた人よりも、物的には不幸の要素が多いと言えるでしょうが、その意見は霊については当てはまりません。

 身体が病弱だから霊も気の毒で、身体が頑健だから霊も豊かであるという方程式は成り立ちません

 実際にはむしろ宿命的な進化のための備えとして、多くの痛みや苦しみを味わうことによって霊が豊かになるという考えの方が正しいのです。」

(以上トニー・オッセン編『シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ』ハート出版より)

|

« 喘息という修行を選んだ… | Main | ブログを書くという“救い” »

Comments

では、百さんは来世ではもの凄い豊かな霊になって生き返りますなぁ^^
その為の修行やね・・・ならば楽な道はないよのう・・・

Posted by: 弥々 | October 28, 2005 at 09:08 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 喘息という修行を選んだ… | Main | ブログを書くという“救い” »