« 心を高めることによって病を治す | Main | 美人はパーツでなく全体で見られる »

November 01, 2005

この世をよくしたいならば、この世を愛することだ。

  テレビで見た将棋連盟会長の米長さんの「これからの時代、生き残るには、既成概念を打破しなければならない」という言葉に共感した。そして考えた。「何を始めるにも、まずは、この時代の大きな変化というものを受け入れなければならない」と。

 つまり「昔はよかった。昔はよかった」とのみ、言っていたのでは、取り残されてしまうだろうということだ。特に、私がここ数年間でたどりついた世間に対する率直な感想は、「昔の方がよかった」ということだから、その考えに安住していたのでは浮上できないとの危機感より余計にそう思ったのかもしれない。

 ただし、ここでいう「変化を否定しないで認める」ということは、“世渡り”としてのことに過ぎない。

 最近、発作の苦しみの中で気づかされたのは、「変化を肯定すれば、世の中から取り残されない」という“世渡り”の方策じゃなくて、

「(変化を含めた)この世のありとあらゆるものを、受け入れ、肯定し、愛する(たとえ、愛せなくても愛する努力をする必要がある)」

という生き方・価値観だ

 私の幼い頃からの人生の変わらぬテーマ(志ともいっていいだろう)は、
神さまから与えられた“この世”を建設的・創造的な方向でよくする
ということ。
 しかし、それを“この世”を愛さずに行ってはいけない、また、できないことに気づかされたのだ。

 この世を憎んでの破壊は「破壊のための破壊」となり、この世を拒否しての否定はその存在を殺し、自分の栄誉を得るためのみの批評は対象をいためつけるだけだ。
 一方で、この世を愛しての破壊は「創造のための破壊」となり、この世を愛しての否定は新しいものを生み出し、この世を愛しての批評は対象を生かす。

 そもそも、“この世(世界)”は、自分から見て、どんなにそれが汚くて、ばかばかしくて、やってられないと思うようなものであっても、神が創ったものなのだ。人間という阿呆どもがつくったという人もいるかもしれない。しかし、すくなくとも、その人間をつくったのは神さま(天、大自然、大宇宙、造物主、宇宙霊…表現なんでもいい)なのだ。

 評論家の亀井勝一郎氏はいったそうだ。「自分が愛していないものを批評してはいけない」と。


 そして、私が最近、気づかされたこと。

「“この世”をよくしたいならば、まずは“この世”を愛することだ」

 これは、自分にとって、胸の奥深くに刻みつけておかねばならない、重要な“気づき”になるであろう。感謝である。

|

« 心を高めることによって病を治す | Main | 美人はパーツでなく全体で見られる »

Comments

「“この世”をよくしたいならば、まずは“この世”を愛することだ」
今日、心に刻んだ極上の一言に、乾杯!
百さん、メッセ・・・ありがとうね^^
嬉しかった!大事にします!

Posted by: 弥々 | November 02, 2005 at 10:10 PM

百さん、この日記・・・
とはずから繋げさせてくださいませ。
事後承諾ですんまヘンが・・・

Posted by: 弥々 | November 03, 2005 at 09:27 AM

モモタロウさんの記事を読むといつも言葉をなくしてしまいます。
自分はなんてモノを考えずに生きているんだろうと・・・。

でも、そんなことをいってちゃダメなんですよね。
私は私に出来る方法で世界を愛さなくては。

この度、「生ゴミ・・・」を終了して新しいブログを立ち上げたのですが、そちらでもリンクを張らせて頂いてよろしいでしょうか?

少しでも多くの人にモモタロウさんの文章を読んで欲しいと思うのです。

Posted by: みんぐあ | November 09, 2005 at 10:47 AM

弥々さん
ありがとうございます。
こちらこそ、励みになります。
弥々さんのブログで紹介いただいたこと
感謝しております。

Posted by: モモタロウ | November 09, 2005 at 08:51 PM

みんぐあ さん
ありがとうございます。
ぜひ、リンクお願いします。
私の方でもリンクさせていただければと思います。
生ゴミは終了ですか。僕が訪ねられないでご無沙汰している間にちょっと淋しいような感じですが、新しいブログ、楽しみにしております。

Posted by: モモタロウ | November 09, 2005 at 08:54 PM

この言葉、すご〜〜〜く考えさせられました。
鬱になってちゃんとした育児ができなくなったとき、
でも、批判されたり、否定されたりしても、
愛情溢れる親になれるはずもなくて。。。
すごく苦しみました。
世の中に悪い事もいっぱいあるけど、
なんとかしたいと思っている人もいっぱいいますよね!

世の中を良くするために、わたしにできること。。。
ただこの世を受入れ愛するだけでも、
ほんの少しかもしれないけど、力になれるのかな???

Posted by: こぞう | November 18, 2005 at 01:10 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 心を高めることによって病を治す | Main | 美人はパーツでなく全体で見られる »