« 本日の成果 | Main |    ぶ をもとめて »

June 14, 2006

人を支えるのは目に見えないものの力だ。

                                   

人を支えるのは精神とか、

心、気力、魂などと呼ばれる

目に見えないものの力だ。

         中野孝次

平成16716日、

尊敬する作家、中野孝次氏が死亡。

一度も会ったことのない、ほとんど

その文章でしか魂に触れたことのない

人でしたが、いいようのない悲しさに

襲われたのを覚えています。

享年79才。

ガンと闘い、旅立っていった

中野さんの最後の日々について、

その夫人、中野秀さんは、

今月号の『文芸春秋』に寄稿しています。

(以下、引用)

                                      

「自宅にいたときに書いた

『セネカ 現代人への手紙』のあとがきにも、

『セネカは入院中一貫して内側から

わたしを支え、助け、励まし続けたのだ。

人を支えるのは精神とか、心、気力、魂などと

呼ばれる目に見えないものの力だ

と記しています。

これは中野の本心だったのでしょう。

中野は最後まで精神、気力、魂が衰える

ことはありませんでした

                                      

見事な死にっぷり。

これを書き写していて

涙があふれそうになった。

中野孝次は最後まで読者(ぼく)を

裏切らなかった。

|

« 本日の成果 | Main |    ぶ をもとめて »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 本日の成果 | Main |    ぶ をもとめて »