« 分を知ってこそ、ほんものの歩み | Main | 「笑い」に「お」がついただけで・・・ »

June 19, 2006

天分を出し尽くす

                                                      

森信三先生いわく

                                                      

人間の偉さは才能の多少よりも、

己に授かった天分を、

生涯かけて出し尽くすか否かに

あるといってよい。(「一日一語」より)

                                                       

人よりもできるできないは問題でなく、

「神様から与えられた分け前」―「分」を

世の中のため人のために生かしきる、

生きるとはそれだけでいい、

ほんとうに偉い人とはそういう人…、

ということでしょう。

これなら、

きらめくような才能の持ち主でない

むしろ鈍才である

ぼくにも

できないことはないと

いつもこの言葉に、

励まされています。

                                                      

|

« 分を知ってこそ、ほんものの歩み | Main | 「笑い」に「お」がついただけで・・・ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 分を知ってこそ、ほんものの歩み | Main | 「笑い」に「お」がついただけで・・・ »