« 爽やかに明るく、生きたいものだ | Main | 水溜りの中のもう1つの住まい »

June 10, 2006

悲しい事件に想う

あらゆる犯罪の裏には、

“さびしい”という気持ちがあるといいます。

今回の事件でも、例外ではないようですね。

「誰も私のことをわかってくれない、

こんなにもつらくて悲しいのに、

だれも相手にしてくれない、

さびしい・・」

それは本人のせいか周囲のせいかは

わかりませんが、

社会から、“さびしい”がなくなれば

悲しい事件が少なくとも激減するのは

確かなようです。

|

« 爽やかに明るく、生きたいものだ | Main | 水溜りの中のもう1つの住まい »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 爽やかに明るく、生きたいものだ | Main | 水溜りの中のもう1つの住まい »