« どこが、“くずもち”だ! | Main | 子どもの空想を大切にしたい »

June 12, 2006

ファンタジーは新しい観念を形成するためにある

私にとってファンタジーとは、

新しい観念を形成する、

または、既存の観念を新しい関連形態におく

人間の能力なのです。

その意味では、私たち現代の人間にとって、

具体的なファンタジーを発達させることほど

必要なものはないのです。

この具体的ファンタジーによってこそ、

私たちは、まだ見えない、

将来起こる物事を眼前に

思い浮かべることができるのです。  

              ミヒャエル・エンデ                                                 

(日本放送出版「アインシュタインロマン6 エンデの文明砂漠」より)

|

« どこが、“くずもち”だ! | Main | 子どもの空想を大切にしたい »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« どこが、“くずもち”だ! | Main | 子どもの空想を大切にしたい »