« 病と仕事の兼ね合いが難しい | Main | 病で苦しむ人々をこそたたえるべき »

August 06, 2006

100年後200年後の人類の病・・・

 今、私たちが生きている間には無理かもしれませんが、

100年後200年後には、人類皆が、

病になったとしても、風邪くらいのもので、

自然治癒力で治ってしまう、

重い病気には誰もならないという

世界を創っていかなければならないのでしょう。

 それがわかった上で、

現在は、その場限りの対症療法である、

西洋医学などを必要ならば使うべきでしょう。

|

« 病と仕事の兼ね合いが難しい | Main | 病で苦しむ人々をこそたたえるべき »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 病と仕事の兼ね合いが難しい | Main | 病で苦しむ人々をこそたたえるべき »