« 地球を健康にすることで自分も健康になる | Main | 生命を害わないために日本人には日本人にあった生き方がある »

August 26, 2006

地下鉄で妊婦のヌードを見せられて迷惑の人もいる

そもそもヌードの写真を公共の場で見せるのがいいものなのか?

しかも、妊婦である。

若い頃から、激しい性欲の衝動に悩んできた男性の1人として、正直に

心配する。

歪んだ現代人の性の対象が、幼児から、さらに、妊婦―胎児にまで及ぶのではないかと。

「黒塗り」一転、OKに=地下鉄駅に妊婦ヌード広告-東京メトロ(時事通信) 妊娠中の米国の人気歌手ブリトニー・スピアーズさん(24)のヌード写真を使った広告が、地下鉄の東京メトロ表参道駅(東京都港区)に登場することになった。メトロは当初、「裸体は駄目」と雑誌側に修正を求め、下半身を黒いシールで隠す予定だったが、24日に方針転換。「直接的な性描写ではない」と原案通りの掲示を認めた。問題になったのは月刊ファッション誌「ハーパース・バザー日本版」(エイチビー・ジャパン)の10月号。表紙の写真では、笑顔のスピアーズさんが胸の前で腕を組み、妊娠6カ月のおなかを見せている。米国の本誌でも表紙に使われた。

|

« 地球を健康にすることで自分も健康になる | Main | 生命を害わないために日本人には日本人にあった生き方がある »

Comments

妊婦の裸体こそ、美しいものはないと思いまする
だけに、神聖なものとして、守るべきものかと・・・
こういう扱いは、正直、女性として母として、いやですねん
だが、かく言う吾も、長男懐妊中に臨月ヌードを撮りましたん!
某マタニティ雑誌の企画でね^^モデル料も頂き、雑誌に掲載されましたん
それは、聖なる母体を、醜いものとして見て欲しくない、妊娠を拒む女性達に、母なる喜びを広めたくての思いでしたん
で、その写真は、その後我家の性教育の大事なツールとして、部屋に飾ってありまする^^
このスピアーズさんの写真、マタニティ雑誌とは全く関係なく、単なる見世物扱い、興味本位での掲載なのが、恥ずべきことかと・・・

Posted by: 弥々 | August 31, 2006 at 01:36 PM

え?弥々さんが、臨月ヌードを撮ったんすか。
でも、そういうものなら、大賛成。
妊娠のヌードはそんなに見たことないですが、
服を着てても、妊婦は美しいと思います。
保育園の送り迎えなどでよく見かけるけど、
みんな、すがすがしくて凛々しい顔してますしね。
全身に輝きがあります。

でも、スピアーズはもともと男性に対して
セクシーさも売りでしょう?
その彼女が、いくら妊娠してるからといって、マタニティー雑誌じゃなくてああいう広告でヌード見せたら、
神聖なものとして見る男ばかりじゃないでしょう。

しかも、地下鉄の広告で、面と向かわされちゃ、満員電車だったら、そこから身動きとれませんからね、ずっと面と向かっていなければならない。平気な面していられる男ばかりでしょうか

はっきりいって、ぼくも、「女性のはだか」は大好き。

でも、見せられていい場所と、そうじゃない場所があります。

 だいたい、幼児を性の対象にするなんて普通じゃ考えられないようなする人間がいるような異様な世の中。だから、スピアーズのこの広告に刺激されて・・・なんて水面下で出てこないことを心より願います。

Posted by: モモタロウ | August 31, 2006 at 10:04 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 地球を健康にすることで自分も健康になる | Main | 生命を害わないために日本人には日本人にあった生き方がある »