« 個人の健康を守るため地球を健康に! | Main | 混合診療になるのを米保険が狙っている! »

August 21, 2006

「建設」へ想念を合わせる

今まで言っていることと矛盾するようでありますが、

ぼくは、世界は全体としていい方向に行っているのだと思います。

ただ、その前に「破壊」がある。

そして、現に、さまざまな心と体の病が増えていたり、

温暖化などの環境破壊、戦争、・・・など、

世界中で「破壊」は起こっているわけです。

一方で、日本だけを見たとしても、「建設的」な方向での

いい芽もたくさん生まれ、育てられていっています。

 だから、ぼくたちに必要なのは、「建設」の方へ

波長を合わせることであると思います。

それは、「愛」であり「調和」であり、「共存」であり、「感謝」、・・・

そういった“想念”なのではないでしょうか。

 それがきっと、自分や家族、子孫が生き残る道であるとぼくは信じています。

こうして、自分が波長を合わせ、「建設のリズム」で生きるとともに、

そうであればこそ、「破壊的」な方向へ流れしまっている人々を

「建設的」な方へ導く、もしくは気づいてもらう、

といったことをするべきなのではないか。

それこそが、「建設的なリズム」で生きるということであるのではないか。

そう思う今日この頃です。

|

« 個人の健康を守るため地球を健康に! | Main | 混合診療になるのを米保険が狙っている! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 個人の健康を守るため地球を健康に! | Main | 混合診療になるのを米保険が狙っている! »