« パソコンがまた壊れました! | Main | 自分に正直に生きるために「耐える」 »

October 14, 2006

俺がやらなくて誰がやる

1人1人にはこの世でやるべき使命があると信じている。

それが“天命”というものだろう。

その“天命”とは、「俺(自分)がやらなくて誰がやる」

ということではないか。

それは、決して、「俺がやってやろうじゃないか」という

傲慢な心ではなくて、

「自分にはそれほどの力はないかもしれないけれど、

それを自分がやらなければ、他の人はやらない。

できるかどうかわからないけれど、とにかく

やってみよう」

といった謙虚で控えめな心から出てくるのではないだろうか。

この「自分がやらなくて誰がやる」がある人というのは、

その人がこの世でやるべき使命―天命を

つかめた人であり、実に幸せな人なんだと思う。

|

« パソコンがまた壊れました! | Main | 自分に正直に生きるために「耐える」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« パソコンがまた壊れました! | Main | 自分に正直に生きるために「耐える」 »