« 紫色のボール | Main | 心が病んだゾウのクリスマス »

December 24, 2006

ある娼婦と彼女の五臓六腑と数百億の細胞

ある娼婦「アタシがカラダ売ってんのは、アタシのカラダで奴への怨みをはらしてんのさ」

五臓六腑と数百億の細胞「やめてくれぇ」「助けて」「お願い」「私を使わないで」「苦しいよ」「痛いよ」「逃げたいよ」「どこに行けばいいの」「逃げられない」「なんで僕が」「なんで私がこんなめに」「涙・・・」「お願いやめて」「僕を愛して」「何をしてんの」「私を抱いて」「お願いだから」「許して」「愛してるから」「どうか、どうか」「お願い」「逃げないで」「闘って」「あなたはあなたなのよ」「地獄へ行かないで」「どうしてどうしてなの」「お願いだよ」「頼むよ」「自分を大切にして」「泣かないで」「泣かせないで」「もうぼろぼろだよ」「おまえってやつは」「あなたを愛して」「ぼくたちは右に倣えしかできない左に倣えしかできない」「どうぢでだあ」「この下衆野郎!」「こん畜生!」「この淫売!」「この売女が!・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

|

« 紫色のボール | Main | 心が病んだゾウのクリスマス »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 紫色のボール | Main | 心が病んだゾウのクリスマス »