« 雑草は雑草のままで・・・、色が光となるように | Main | こぞうさんへ、お知らせ »

April 11, 2007

今日もひとり行く

歩いていたら、テニスコートでかつての若人

たち(つまり、おばさん、おじさん)が、

にぎやかに、笑い声をあげながら、

楽しそうにテニスをしていた。

                                      

                                                                           

それを横目でみながら、

こっちのかつての若人(つまり、自分のこと)が、

すたこらすたこらさっさと歩いて行く。

                                      

                                        

「変わらないなあ・・・」。

思わず、ため息をついてしまった。

                                           

学生の頃の自分は、

ミニスカートをはいた

キャピキャピのギャルたち(当時の言葉のつもり)が、

コートで男子たちとテニスに興じているのを、

横目で見ながら、

いや頭の中からその姿を懸命にふりはらおうとしながら、

喫茶店や図書館に向かい、

いつでもたった一人、本を読んでいた。

                                         

あの頃も一人、今日も一人・・・

                                         

そんなことを思いながら、姿勢を正して歩いて行く・・・

                                        

かつてはコートの中が目映く見えた。

そして、

性への激しい衝動で悶々としながら、

コートの外にいる自分が

なんだか惨めに思えるときもあったけど、

                                          

今は思う。

                                          

これでいいのだ。

                                        

おれはおれの道を行く。

                                                                           

|

« 雑草は雑草のままで・・・、色が光となるように | Main | こぞうさんへ、お知らせ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 雑草は雑草のままで・・・、色が光となるように | Main | こぞうさんへ、お知らせ »