« 喘息患者に朗報?・・まだ早いか | Main | 育児を助ける子育てパートナー »

November 16, 2007

合成された製薬を人体は認識しない

ビタミン、ミネラル、アミノ酸は人の命や体を作り上げているブロックであり、余剰が出た場合でも、人体はこれをなんら問題なく排除できます。

 この点、合成された製薬は非常に異なります。こうした薬は合成されたもので、人体はこれを認識できません。このため、ほとんど全ての製薬には強い副作用が伴うのです。1998415日に発行されたJournal of the American Medical Association によると、先進工業国での死因の第4位として製薬による致命的副作用が挙げられています。

   (市民のアジェンダ:マティアス・ラス博士へのインタビューより)

                                     

 このことについて、“ゴミ拾い”を継続的にしたことのある人なら、よくわかるでしょう。落ち葉や昆虫、動物の死骸にしても有機物は、土の上に捨てられて土へと還元されていきます。ところが、プラスティックなどの化学物質、紙などでも表面にそうした物質が塗布されている物は、土に捨てられるといつまでたっても分解されず残っています。

 人間が拾って捨てない限り、そこに残っているものなのです。

 これは人間の体でもそうです。薬剤や添加物などの化学物質を体に入れると、尿や便、汗…で外に出ずに取り残されたものは、いつまで経っても体内に残っています。それが、病の原因となります。

つまり、病とは、そうした体内に残存した不用物を外に排出する作用-“浄化作用”なのです。

|

« 喘息患者に朗報?・・まだ早いか | Main | 育児を助ける子育てパートナー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 喘息患者に朗報?・・まだ早いか | Main | 育児を助ける子育てパートナー »