« 器以上のことはできない | Main | 風に立つライオン »

December 31, 2007

傷むところまで愛しなさい

                                                                                 

年末あの世へと旅立たれた、

ある人のために行った事が

ご家族の方々に受け入れられず

にがい思いをした。

自分としてはありがちなことだ。

「いまさら何を」と思われただろう。

知恵が足りなかっただろう。

周囲の方々の気持ちを

充分に斟酌できなかっただろう。

自分のギラギラした部分が

表れたのだろう。

真心が足りなかっただろう。

ともかく

「私の不徳の致すところ」

というしかない。

その為、昨晩はしたたか落ち込み、

これもよくあることだが、

厭世的な気分に浸かった。

ひたすら、渇きをいやしてくれる

歌に耳を傾け、

悶々とした気持ちを残したまま

床に入った

―ふと、今朝方寝床の中で

1つの言葉が浮かんできた。

傷むところまで愛しなさい

”Love until it hurts.”

あのマザーテレサの言葉だ。

そうだ、

ご家族の方たちに

取り入ろうとしてやったことではない。

いい格好をするためでもない。

ただただ、

その人が生前にしてくださった

恩にむくいたい、「せめても・・・」と

させていただいたことなのだ。

ご家族の方々への配慮‐まことが

足りなかったことは

ほんとうに申し訳ないのだけれども・・・

ひるがえって

ぼくは、

程度の差こそあれ、

自分のことを

「傷むところまで愛してくれている人

(恋愛ではなく・・・)」

に気づいているだろうか。

その存在に気づき、

心の底から感謝できているだろうか。

見える見えないにかかわらず

心をかけてくださっている人の気持ちに

充分に応えられているだろうか。・・・・

できていない。

皆様、今年もお世話になり

有難うございました。

年齢を重ねるばかりで

いつまでも至らない自分を

恥ずかしく思います。

来年も何卒、

よろしくお願い申し上げます。

                                          

                                              

                                    

|

« 器以上のことはできない | Main | 風に立つライオン »

Comments

取り入ろうとしてやったことではない。
いい格好をするためでもない。
ただただ、その人が生前にしてくださった恩にむくいたい、「せめても・・・」と
させていただいたことなのだ。

あぁ・・・響きまする・・・
モモさんのお心が、いたいほど、響きまする・・・
吾も、いっつもオンナジような落ち込みを抱えながらの日々・・・
人付き合いが下手やから・・・
ヒトと関わる事をどこかで拒否して、引っ込んじまう癖・・・
これ、どうにかせん限り、吾は変らぬままやなぁ・・・
まぁ、無理して社交家になろうとは微塵も望んでないんやが・・・
ただただ・・・
恩に報いたい!って思いはどうにも捨てられませぬ
恩に報う術・・・これがいささか下手であり・・・はぁ・・・
せめて、心だけは精神誠意捧げようと・・・
それしか出来ない吾なれど・・・
その思い、例え相手に通じなくとも・・・

モモさん、吾、なんかコメしたらいけんかなぁって
思いながら、ここのところ遠慮してましたん♪
だけんど、モモさんから賀状頂きうれしかったぁ!!!
で、思い切って、ここにコメしちまいましたん♪
日記に関係ないけんど・・・今年も拝読させてね^^

Posted by: 弥々 | January 07, 2008 at 05:04 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 器以上のことはできない | Main | 風に立つライオン »