« 狂え狂え | Main | われわれはもう既に「支配」されている? »

December 19, 2007

生命がなければどういう価値もない。

                                       

何かが始まるのは生からであり、

すべての感覚、認識、意識、論理や言葉を

支えるのは生命である。

生命に何らかの価値があるかどうかはわからない。

しかし生命がなければ、

どういう価値もない。

生命は、

―私の生命は他の誰の生命とも同じように、

あのさわやかな風のように、

高い空に吹いている・・・・・・・。 

(朝日新聞1219日 加藤周一『夕陽妄語』より)

|

« 狂え狂え | Main | われわれはもう既に「支配」されている? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 狂え狂え | Main | われわれはもう既に「支配」されている? »