« 傷むところまで愛しなさい | Main | かみになる »

January 04, 2008

風に立つライオン

たまたまつけたNHKで

さだまさしの「風に立つライオン」を聞いて、

励まされた。

「神様、感謝します」

心よりつぶやいてしまった。

年末から、気分はうつぎみ、

そのせいか、正月は体調を崩していた。

                                                              

自分は、まだ海外に一度も行ったことはない。

ナイロビにも、

キリマンジャロにも、

もしかしたら終生行くことはない

かもしれないけれど、

“風に向って立つライオン”でありたい。

それには変わりはない。

                                                      

(以下、「風に立つライオン」より)

                                                         

あなたや日本を 捨てた訳ではなく
僕は「現在」を生きることに 思い上がりたくないのです

空を切り裂いて落下する 滝のように
僕はよどみない生命を 生きたい

キリマンジャロの白い雪 それを支える紺碧の空
僕は 風に向かって立つライオンで ありたい

                                         

|

« 傷むところまで愛しなさい | Main | かみになる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 傷むところまで愛しなさい | Main | かみになる »