« あ | Main | 字余り »

April 22, 2008

踏みそこなう

書けるときに

書いとかないと、

ことばがスルっと

逃げてしまうことを

知っている。

逃げしてしまったら

なかなか戻ってこない

ことだけでなくて、

自分の歴史の

階段を

一歩とも呼べないような

ささいな一歩だけれども、

踏みそこなう

ことになることも

知っている。

|

« あ | Main | 字余り »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« あ | Main | 字余り »