« 空想ということ | Main | 脳で考えるのではなく台本上で考えるのだ »

April 22, 2008

誰か助けて

誰か助けてくれ

と言ったら、

子どもが発作のとき

誰か助けてと

叫ぶようになった。

もう助けられているんだよ

といったら、

子どもは怒るだろうな。

|

« 空想ということ | Main | 脳で考えるのではなく台本上で考えるのだ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 空想ということ | Main | 脳で考えるのではなく台本上で考えるのだ »