« 欲望こそがこの俺を解放へと導く? | Main | 冷酷 »

June 28, 2008

本気で愛せない

無性にこの歌が好きだ。

とくにこの一節は何度聞いても胸を

打たれる。

                                                                   

 

形のない愛だけを信じてきたあなたは、

本気で愛すること怖れてるだけ

                                                            

「本気で愛することを怖れる」、

それは「本気で愛することができない」

ということ。

恋人だけでなく、家族も、友人も、

自分も・・・

自分を取り巻くあらゆる人間と

この世界を・・・

ほんとうは、愛したくてしかたなくても。

クリスマスの歌で、

もろに季節外れですが、・・・

いつものように、

のせたくなったのでのせます。

                                                             

Midnight Flight-ひとりぼっちのクリスマスイブ-

                  浜田省吾

あの娘乗せた翼 夜空へ消えてく
空港の駐車場 もう人影もない

"
行くな"と引き止めれば 今頃二人
高速を都心へと 走っていたはず
失くしたものが あまりに大きすぎて 痛みを
感じることさえも 出来ないままさ
ひとりぼっちの クリスマス・イブ
凍えそうな サイレント・ナイト
ここからどこへ行こう もう何も見えない空の下

妹と暮らすつもり しばらくニューヨークで
ひとりきり 東京で もう生きていけない
逢いたい時にだけ 電話かけてきて
食事して ドライブして ベッドに入るだけ

形の無い愛だけを 信じてきたあなたは
本気で愛すること 怖れてるだけ

ひとりぼっちの クリスマス・イブ
凍えそうな サイレント・ナイト
二人で生きてきた 都会の灯りが遠ざかる

ポケットの中 あの娘に贈ろうとした Golden Ring
今でも 手のひらに 握りしめたまま
ひとりぼっちの クリスマス・イブ
凍えそうな サイレント・ナイト
もう守るものなんて見つけられない 何ひとつ

|

« 欲望こそがこの俺を解放へと導く? | Main | 冷酷 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 欲望こそがこの俺を解放へと導く? | Main | 冷酷 »