« 亡くなった飯島愛さんの生活 | Main | 口語文は気の抜けたビール? »

December 31, 2008

度量が広ければ悔恨はない- 呻吟語より

世間には、一処として意に払(もと)るの事なきはなく、

一日として意に払(もと)るの事なきはなし。

惟(た)だ度量寛宏(どりょうかんこう)なれば、

受用の処あり。

彼の局量褊浅(きょくりょうへんせん)なる者は、

空しく自ら懊恨(おうこん)するのみ。

                                                                                                                                                         

訳文

世間には、どこに行っても思い通りになるところはないし、

いつの日でも思い通りになる日はない。

ただ度量がひろびろとしていると、

何でも受け入れ楽しむことができる。

あの度量の狭く浅い連中は、いつも不平不満を

こぼしているが、それは心のもち方を変えねば

どうにもならないのであって、

空しく悩み後悔するだけのことである。

                                                                                                                                                         

             呂新吾著『呻吟語』(訳文 荒木見悟)より

                                                                                                                                                             

年末に『呻吟語』で出会った言葉。

狭量な自分にはグサリときた。

                                          

中国の明代の哲人でさえ、

「世間には、一処として意に払るの事なきはなく、

一日として意に払るの事なきはなし」

(世間には、どこに行っても思い通りになるところはないし、

いつの日でも思い通りになる日はない)

といっているのには、ほっとする。

                                           

来年は、そういうものにとらわれない心を

少しずつつくっていきたい。

                                         

                                                                                                                                                               

|

« 亡くなった飯島愛さんの生活 | Main | 口語文は気の抜けたビール? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 亡くなった飯島愛さんの生活 | Main | 口語文は気の抜けたビール? »