« 知の巨人、落つ~今=ここ、日本人への視点 | Main | キム・ヨナの演技の大きさはなんだろう。 »

December 12, 2008

非専門家の専門家~自由をもとめた巨人 (前編)

                                        

「非専門家の専門家」、

さきごろ亡くなられた

評論家、加藤周一さんのかつての志を

その追悼記事(朝日新聞に2008年12月6日朝刊)に

こう書いている。

                                         

(前略)しかし、自由に生きることほど、

この世間で『不自由』を強いることはない。

自伝的著書『続・羊の歌』に

                                        

『ひそかに非専門家の専門家になろうと志していた』

                                       

と記す。その強い決意で古今東西万巻の書や

芸術との『対話』や、多くの海外経験を通じて

肌で感じた学識から組み上げた、

『知』の深さへの自身だったのだろう。

                                        

「非専門家の専門家」・・・。

師と仰ぐ方から

「専門をもちなさい」

といわれ、それから数年経ち、

いまだに明らかなものを

もてないでいる

自分にとって、一見救いにみえる

視点であるが、

よく考えてみれば、

加藤周一なればこそできた芸当であろう。

 

                                        

      (次回につづく)

|

« 知の巨人、落つ~今=ここ、日本人への視点 | Main | キム・ヨナの演技の大きさはなんだろう。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 知の巨人、落つ~今=ここ、日本人への視点 | Main | キム・ヨナの演技の大きさはなんだろう。 »