« 躁心 浮気 浅衷 狭量 の八字 | Main | 心、平なれば、寿し »

January 10, 2009

「おふくろさん」に込められたメッセージをもう一度・・・

亡くなられた川内康範さんが

「おふくろさん」という歌で

どんなメッセージを伝えたかったのか。

なぜ森進一氏が

歌の冒頭であのセリフを

つけたして歌ったのが

いけないと指摘したのか。

作詞家と歌手の関係や

感情的な視点のみならず、

もっと歌の真意にせまるような

番組・報道があってもいいのではないか。

                                                                            

「おふくろさん」には

今の日本人がほとんど失いかけていて

どうしても取り戻さねばならない

志がうたわれていると思うからだ。

                                                                                 

以下、産経ニュース(2008.4.7)より

http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/080407/tnr0804072025009-n1.htm

(※傍線は私が引きました)

                                                                            

(引用開始)

日本人にとって永遠のヒーローともいえる「月光仮面」について、川内さんは「なにより訴えたかったのは愛。それも無償の愛」と話していた。月光仮面が誕生したのは約半世紀前。当時、日本は敗戦から立ち直ろうと必死で、価値観が大きく揺らいでいた。

 「このままでは日本はとんでもない国になる」。子供たちに、日本人の美徳を伝えようと、生み出したのが月光仮面。モデルは薬師如来像の脇につかえる月光菩薩だった。

 亡き母の教えを歌に込めたという「おふくろさん」の詩も、「無償の愛」「普遍の愛」がテーマだった。父が仏門に入った関係で、檀家(だんか)が備えたお菓子を、母は子供たちには手をつけさせず、貧しい人々に配って回ったという。

(引用終わり)

                                                                                 

あらためて聞いてみて

やはり、冒頭のあのセリフは

ぜんぜん違う

                                                                              

|

« 躁心 浮気 浅衷 狭量 の八字 | Main | 心、平なれば、寿し »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 躁心 浮気 浅衷 狭量 の八字 | Main | 心、平なれば、寿し »