« 今日の夕景 | Main | “ろくでもないものだ”と思っていないと“ろくでもないもの”をつくってしまう »

April 27, 2009

正しいこと正しくないことを決めるがゆえに人は人を見下し蔑む

世の中に正しいこと正しくないことなどどこにもないという立場に立ったとしよう。

  すると、苦しんで救いを求めてきている人に対して、自分はこの人よりましだと優越感に浸ることもなく、あなたは「まだまだ」だからこのような辛酸をなめているのだと蔑むこともなくなるだろう。

ただ、問題はほんとうに正しいこと正しくないことはないのかということだ。弱いものいじめだとか、罪もない人を殺すとか、市民を巻き添えに戦争をする・・・など、どう見ても正しくないとしか思えない。

しかし、正しいこと正しくないことを人間がつくったがゆえに差別意識が生まれ、軽蔑やいじめ、争いにつながっているというのも確かであるように思える。

そう考えていくと、どうすればいいのかさっぱりわからなくなる。

|

« 今日の夕景 | Main | “ろくでもないものだ”と思っていないと“ろくでもないもの”をつくってしまう »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 今日の夕景 | Main | “ろくでもないものだ”と思っていないと“ろくでもないもの”をつくってしまう »