« 「内なる声」をとりだすこと | Main | 一点にかける »

June 12, 2009

狭き門より入るべし

皆が右の道へ行っていて、左に行く人がだれもいなくても、自分が左だと思ったら、絶対に左に行ける人になってほしい。

写真家、蜷川実花は、子どもの頃、父である演出家、蜷川幸雄にそう言われたそうだ。(6月10日朝日新聞夕刊より)

これは、聖書の「狭き門より入れ(Enter through the narrow gate.)」にも通ずるように思われる。

                                                                              

狭き門より入れ。

滅びにいたる門は大きく、その路(みち)は広く、

之より入る者おほし。

生命にいたる門は狭く

その路は細く、之を見出す者すくなし。

|

« 「内なる声」をとりだすこと | Main | 一点にかける »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「内なる声」をとりだすこと | Main | 一点にかける »