« 自分の肺腑から出た真のことばを言ってみよ | Main | “好き”ということと自分の使命 »

June 04, 2009

病が治るかどうかなんてそんな問題じゃない。

病が治るかどうかなんてそんな問題じゃない。

たとえば、地位や名声、金を得るのだって、自分の力だけではなく、前世の影響、先祖や家族、周囲の人々の協力によって得られるのと同じように、病が治るかどうかは本人の努力だけではどうしようもないこともあるだろう。同じ病でも治る人もいればどんなにその人が努力しても治らない人もいるのだ。それに、もし、神さまがその病を与えてくださっているのだとしたら・・・。

いやぼくは病というのはほんとうに神さまの贈り物だと思っている。心より感謝している。

それよりも、病であろうが病でなかろうが、人を喜ばす、人のためになる、社会のためになる・・・ただただそれだけをやっていけばいい。

もし病が原因で他の人よりちょっとくらい寿命が短くなったっていいじゃないか。その分、誰かを幸せにできたらそれだけで充分満足だ。

|

« 自分の肺腑から出た真のことばを言ってみよ | Main | “好き”ということと自分の使命 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 自分の肺腑から出た真のことばを言ってみよ | Main | “好き”ということと自分の使命 »