« 一点にかける | Main | ゴミ1個 »

June 21, 2009

人をさばける人はいるのだろうか・・・

なんぢら人を審(さば)くな、審かれざらん爲なり。

己(おの)がさばく審判(さばき)にて己もさばかれ、己がはかる量(はかり)にて己も量らるべし。何ゆゑ兄弟の目にある塵(ちり)を見て、おのが目にある梁木(うつはり)を認めぬか。

視よ、おのが目に梁木のあるに、いかで兄弟にむかひて、汝の目より塵をとり除かせよと言ひ得んや。

偽善者よ、まづ己が目より梁木をとり除け、さらば明らかに見えて、兄弟の目より塵を取りのぞき得ん。

『マタイ伝 第7章』より

|

« 一点にかける | Main | ゴミ1個 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 一点にかける | Main | ゴミ1個 »