« 頭山満 独りでいても・・・(3) | Main | 頭山満 独りでいても・・・(5) »

October 09, 2009

頭山満 独りでいても・・・(4)

『言志録』にもこうある。

士は当に己に在る者を恃むべし。

動天驚地極大の事業も、

亦すべて一己より締造す。 

〔訳文〕

およそ、大丈夫たるものは、自分自身にある者を

たのむべきで、

他人の智慧や財力、権力などをたのみにしてはなにが

できようか。

天を動かし、地を驚かすような大事業も、

すべて、己一個より造り出されるものである。

             (川上正光全訳注『言志録』より)

士は独立自信を貴ぶ。

熱に依り炎に附くの念起すべからず。

                                                                        

〔訳文〕

丈夫たるものは、他に頼らず、一人立って、

自信をもって行動することを貴ぶ。

権力ある者にこびたり、

富貴の者に付き従うような考えを起こしてはいけない。

         (川上正光全訳注『言志録』より)

                                                                                                                                                                  

“一人”=“独り”がいかに尊いことか・・・。

すべては一人から始まるのだ。

一人が淋しくて群れをなして、

そこから外れたくなくて悪い事をする。

なんて、情けないのだろう。

                                                                                  

                                                                                                                                                                               

いのちのちから

http://inochiryoku.free.makeshop.jp/

|

« 頭山満 独りでいても・・・(3) | Main | 頭山満 独りでいても・・・(5) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 頭山満 独りでいても・・・(3) | Main | 頭山満 独りでいても・・・(5) »