« 志少しも退かず~沢庵 (2) | Main | 「沈静」への呼吸からのアプローチ »

October 23, 2009

志少しも退かず~沢庵(3)

志や夢を遂げるには、

-※私は志と夢と違うと思うのですが、

ここでは区別しないでおきます-

「子を失いたる親のごとく」

その志や夢のことを思うことが大事である。

沢庵の場合、仏の道をさしているのだろうが、

他のことでも同じであり、

また成功者の書いた本などいろいろなところで

「寝ても覚めてもそのことを思う」

ことの大切さは書かれている。

ただ、そもそも、志や夢というものは、

持とうと思って持てるものではないのではないか。

自力と他力でいえば、

他力の領域に入るものであろうと私は考えている。

いのちのちから

http://inochiryoku.free.makeshop.jp/

|

« 志少しも退かず~沢庵 (2) | Main | 「沈静」への呼吸からのアプローチ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 志少しも退かず~沢庵 (2) | Main | 「沈静」への呼吸からのアプローチ »