July 29, 2013

言葉を発することのイミに無意味を感じつつ・・・

久しぶりに書きたくなった。

ウイスキーを飲んでるせいだろうか。

今は深夜の1時半。

今、聞こえた音は、この世のものとは思えない。

丑三つ時というのは、

下界とまったく別の場所とのポケット

なのかもしれない。

ことばってなんなのだろう。

このコトバをはっすることによって、

人が死んだり、より生きたりする。

でも、言葉の意味することだけの世界の

ことについては、面白くない。

コトバの向こうにある壮大な世界をこそ、

表現したことばにこそ、

ほんとうのことばがあるような気がしてならない。

なぜならば、ことばとはそもそもそういう

ものだからである。

ただの二元論になってしまった言葉は

今の世界には、いらないだろう。

その言葉を頼りにすべての人は生きているので

あるけれど。

ウイスキーが終わる、。

ここで世界が終わる。

だから・・・といってよいのだろうか。

今、昔好きだった人のことを思い出している。

だだひたすらに思い出している。

愛していたのかはわからない。

ただ、ひたすら思い出している・・・

| | Comments (0)

February 14, 2010

自分の限界が見えてからがほんとの勝負

ある程度の年齢に達すると、

自分の限界がみえるという。

多くの場合、否定的に言われている。

でも、自分の限界が見えたということは

自分を知ることができたということでもある。

                                                            

作家、中野孝次は、

すでに中年になっていたが、

創作について、自分の才能の限界が

見えたので、

古人の言葉を現代人に紹介することを

自分の仕事としてやっていこうと

決心したという。

そこから、ベストセラー『清貧の思想』等

多くの人の心に古典をあらためて

響かせる数々の作品が生れた。

                                                         

自分の限界が見えたから、

もうお終いなんてとんでもない。

自分の限界が見えてからが

ほんとうの勝負だ。

| | Comments (0)

September 16, 2009

がんばるということ8

がんばらない。

だから駄目なんだって

誰かにいわれそうだ。

でも、駄目ってなんなの?

何に対して、駄目なの?

誰かの存在を駄目だと

いえる人間はこの世にいるの?

(おわり)

| | Comments (0)

September 14, 2009

がんばるということ7

人間は疲れ果て、

自分の肉体を壊してでも

がんばる。

そこまで、がんばる価値のあること

ってそんなにあるだろうか。

(つづく)

| | Comments (0)

September 11, 2009

がんばるということ6

虫はがんばっているだろうか。

とく晩夏のセミは、息絶え絶えに

がんばっているように

人間に聞こえるかもしれないが、

ただ、ひたすら、たんたんと

鳴いているだけではないか。

自分の力を出し切ろうとか、

そんなことは考えていないだろう。

獲物を獲る動物たちだって、

がんばるというよりも、ただ腹減ったから

ひたすら、獲っているだけではないか。

腹すかせている子どもたちのために

たんたんと獲物を追いかけている。

少なくともがんばろうなんて意識は

ないだろう。

おいかけて駄目だったら、

次の獲物を狙うだろう。

どこまでも、獲れるまで追う

ということはないだろう。

疲れたら休みであろう。

(つづく)

| | Comments (2)

September 07, 2009

がんばるということ5

「がんばる」とは

「我を張る」からきている。

「我を張る」よりも

「他を張る」=「他を押し出す」方が

これからの時代には大切なような気がする。

「他を押し出す」には

ただ「がんばって」いてもできないだろう。

(つづく)

| | Comments (2)

がんばるということ4

なんのためにがんばるのか?

それを考えていくと、

もしかして

がんばらなくていい

ということに突き当たるような

気がする。

(つづく)

| | Comments (0)

September 04, 2009

がんばるということ3

ただ、いえることは

なににがんばるか?

ということではないか。

なににがんばることが

価値のあることなのか。

なんのために

がんばるのか?

それをこれまでの

時代は多くの人が考えて

こなかったのではないか。

(つづく)

| | Comments (0)

September 02, 2009

がんばるということ2

はたして、

がんばるってなんだろう。

がんばった結果、

ぼくらは何を人生にもたらされたのだろう。

富、名声、地位、今の立場?

そのどれも得ていない人は、

今までがんばってきていないから?

がんばりがたりないから?

(つづく)

| | Comments (0)

August 31, 2009

がんばるということ1

がんばってね!

あいさつがわりにすぐに

言ってしまう。

でも、がんばってもがんばっても

だめなことがある。

いや、がんばってと言われても

がんばれないこともある。

それがわかったのが今ではないのか。

(つづく)

| | Comments (0)

より以前の記事一覧